永久脱毛は自己処理とは大きく違う点がある

脱毛処理の中には、自己処理以外にも医療機器を用いた永久脱毛という方法があります。医療を利用した処理に関しては、その名前の通り脱毛処理に医療の分野を利用しようという試みなので、一般的な施術と異なって普通の人が処理をすることは認められていません。具体的に処理をするためには、医師免許を持った人が施術に参加しなくてはならない事情があります。


医療機器の取り扱いは非常に厳しい法律的なルールが存在し、必ずそのルールに従って処理を進めなくてはいけません。

機材をそろえるときにも医師免許を持った人が扱わなくてはいけないので、仮に免許を持っていない人が海外などから医療機器を発注して仕入れたとなるとその人は罪に問われる可能性もありますので注意をする必要があります。



医療脱毛ではレーザーを利用することが大半ですが、実はこうした方法で処理をすると半永久的な効果を発揮することができるようになりますので、永久脱毛などといった名称で親しまれています。


素人がこうした手段を似せて行うためには、レーザーではなく光を利用して処理をする必要性があります。


ただし、光を利用して処理をしたとしても実際に医療用のレーザーを使って体毛の処理をした時とは仕上がりが若干異なる点に注意をしなくてはいけません。
確かに、光を利用するときれいに処理することは可能ですが出力がレーザーよりも小さいので後の仕上がりに違いが出てしまうわけです。



そのため、永久的に処理したいときにはクリニックで相談する必要性があります。