セルフ脱毛で埋没毛にならない為に知るべき基礎知識

セルフ脱毛によって起こる埋没毛が出来ないようにするためには、保湿とスクラブによるケアが大切です。
埋没毛が出来てしまうメカニズムとして、毛を無理やり専用テープで引き抜いた場合やピンセットの使用などで皮膚に傷を作り、毛穴をふさぐ様に傷を修正するため埋没毛が起きます。



これを防ぐ為にも、セルフで行った後の保湿と古い角質を除去するスクラブが重要です。



特に保湿クリームは、尿素が含まれているクリームを選ぶようにしましょう。

また、スクラブは毎日行うのではなく、週に2回から3回程度行うようにします。

スクラブの頻度が多くなると逆に皮膚の強い乾燥や肌荒れの原因にもなります。セルフで埋没毛にならない為には、予防も大切ですが脱毛方法にも注意が必要になります。例えば、一般家庭で扱える電気機器による脱毛を行うのか、ワックスシートを使用して行うのかによって肌の負担は大きく変化します。

また、全く肌への負担が無いという方法はなく、ある程度の負担はかかってしまいます。

肌の負担を考えた時にピンセットを使用する場合でも、毛穴部分だけの負担で済むと考えてしまうのは更に危険です。

毛を抜く方向や力によって埋没毛になる可能性はかなり高くなるため、電気機器を使用しないで行うのであれば脱毛クリームを利用するようにしましょう。


また、化学物質によって肌荒れが心配な場合は粘度の低いワックスを利用するようにしましょう。

ワックスは粘度によって肌への負担のかかり方が変わります。


そのため、最初の内は慣れるまで粘度の低いタイプを購入すると肌への負担のかかり方を観察しながら脱毛が可能です。