レーザーと光は脱毛時の出力が違う

近年は、医療機器を利用していないにもかかわらず長期的な脱毛効果をうたった方法が登場していますが、法律的に長期的な効果を発揮することができると考えられているのは医療機器を利用した脱毛処理だけであるので、実際に利用するときには騙されないようにしなくてはいけません。

たとえば、レーザーを利用した似たような方法に光を利用した方法が存在します。
しかし、実際に光を利用したとしてもレーザーを利用した時のような長期的な効果を期待することはできません。
光を利用した方法は、確かにレーザーと同じ原理で行われているのですが、そもそもレーザーと光では体毛に与えるエネルギーの絶対量が全く異なります。



光を利用した方法は全くの素人が扱っても問題がないように作られていますが、レーザーを利用した方法は医師が扱わないと人体に悪影響が出てしまう可能性もあります。

実際に、医療の現場で利用されるレーザー機器は非常に効果が高く、人体に存在する腫瘍などを切り取るのに役に立っています。
つまり、やり方を変えれば人体に傷をつけることができるほどの威力を持っていますので、その扱いには注意が必要になるわけです。



同じような方法であっても長期的な効果を期待できるのはあくまでも効果の高いレーザー脱毛だけであるということを知っておく必要があるでしょう。

クリニックではなく、サロンやエステなどで使われている機器は光脱毛の機器などでこの点も誤解をしないようにしておくことが大切です。